TOP > 式場・会場案内 > その他一覧(神社・チャペル) > 鶴羽根神社

式場・会場案内

鶴羽根神社

鎌倉期初頭の頃より、多くの人々を見守り続けて下さる氏神様
江戸期の御遷宮より、変らぬ石の太鼓橋が、皆様を暖かくお迎え致します

アクセス

住所 広島市東区二葉の里2‐5‐11 営業時間 9:00~17:00
電話番号 082-261-0191 定休日 -
FAX番号 082-261-0198 URL -
アクセス方法
【電車】
JR線「広島駅新幹線口」より 徒歩10分

【バス】
広島バス「鶴羽根神社前」より 徒歩1分
広電バス「鶴羽根神社前」より 徒歩1分

【お車】
広島駅新幹線口より 5分

この式場(会場)の特徴

ご由緒

鎌倉初期に、椎の木山(現、二葉山)を修理料として寄進され、創建致しました。
その後、幾多の動乱の時期を過ごし、広島城の築城よりは、東北位にあたる事から「鬼門鎮守社」とし、加えて八丁堀以東の「東の総氏神社」として定められていました。
江戸の後期に隣地からの類焼の難を受けた折、藩主御命によって現在地へと御遷宮、明治期には「神饌幣帛料供進社」に指定されていました。昭和期、原爆投下によって御社殿等は倒壊、その姿を変えてしまいましたが、石鳥居や狛犬、太鼓橋や手水舎は往時のまま、二葉の杜にたたずんでいます。
御社名も、「椎木山八幡宮」から、明治初期には「鶴羽根八幡宮」に、数年後に現在の「鶴羽根神社」へと、改称の歩みを辿っています。

このページの先頭へ


式場・会場案内

ブライダル情報

  • 広島ブライダル・スクールブログ
  • 広島ブライダルFacebook
  • 広島ブライダルインスタグラム

マタニティ婚&ダブルハッピー婚

広島ブライダル来店・成約特典