TOP > お役立ち情報 > 結婚式豆知識

お役立ち情報

結婚式豆知識

「いざ、結婚へ!」といっても、どのタイミングで式を挙げたら良いのか・・・結婚指輪はどんなものがいいのか・・・基礎的な知識だけでも身につけておいた方がお店の人にも相談しやすいものです。そんなあなたに、広島ブライダルが基礎知識を伝授致します!

六輝(ろっき)

元々は六曜と言われ、明治以後七曜が盛んに利用されるようになり、区別するために六輝といわれるようになりました。中国の小六壬が日本に入って変化したものです。

慶事には、大安や友引が縁起が良いとされ、結婚式や結納に適した日取りです。最近では、六輝をあまり気にしない人も多いですが、大安などの吉日は人気が高く、式場の予約も集中します。仏滅は比較的予約も取りやすく、料金が割引になるプランを設けている式場もあります。

六輝の説明表

六輝 主な読み方 吉凶
先勝 せんしょう・さきがち 午前中が吉
友引 ともびき 昼を除いて朝・晩が吉。
友を引くという意味で慶事には喜ばれ、大安の次に結婚式に適している。
先負 せんぷ・さきまけ 午後からが吉
大安 たいあん・だいあん 終日万事最良の日。結婚式、結納などには最適。
仏滅 ぶつめつ 終日凶
赤口 しゃっくう・じゃっこう 正午のみ吉

結納

日本の伝統的な婚礼行事のしきたりで、二人が結婚の意志を公言し、両家の心を交し合い結び納める儀式です。正式な婚約の成立を意味します。
本来は、今まで大切にお嬢様を育てられた女性側のご両親に対する、男性側の感謝と誠意の現われとして、数々の品を取り揃えて持参いたします。
しかし、最近は両家顔合わせの食事会などとして略式で結納を行ったり、結納を行わないカップルも増えている。

引出物・引菓子

披露宴の列席者へ、お祝いのお裾分けと、感謝の意を込めて贈る品物です。
引出物に引菓子を含めて2~3品が一般的です。品数が奇数になるように選ばれることが多いですが、これは、奇数が割り切れないことから、二人の仲が決して割れないように縁起を担いだものです。そして、割れ物などの縁起が悪いものは避けられていましたが、昨今は特に気にせず自由に選ぶ傾向にあります。

ブライダルリング

結婚の際に指輪を贈る習慣は古代ローマまでさかのぼります。
昔は、婚約指輪と結婚指輪の区別はなく、永遠に終わることのない円を、愛の象徴として花嫁に贈ったものでした。
現在のように、エンゲージリングは婚約指輪、マリッジリングは結婚指輪になったのは13世紀以後といわれ、結婚指輪と婚約指輪を両方贈る習慣は19世紀に入ってからのことです。

左手の薬指にはめる由来は、左手薬指の血管が直接心臓と繋がっているいう古代エジプトの言い伝えから来ています。また、西洋では、左手は「服従と信頼」を表し、薬指は「愛情」の印とされています。
継ぎ目のない「輪」は、永遠不滅の愛を象徴し、 結婚指輪には「誠実・貞節」の意味があります。これは、永遠の愛・誠実・貞節を約束すると同時に、神様に対しても誓うことを意味しています。

サムシングフォー

サムシングフォー(Something four)とは、ヨーロッパに古くから伝わる慣習で、挙式当日に花嫁が身につけると、生涯幸福な結婚生活が送られるという言い伝えです。

サムシングフォー

サムシング・ニュー
将来の象徴。何か一つ新しいものを。
サムシング・オールド
家族愛の象徴。何か一つ古いものを。
サムシング・ボロウ
隣人愛の象徴。何か一つ借りたものを。
サムシング・ブルー
純潔、貞操の象徴。 何か一つ青いものを。

このページの先頭へ


お役立ち情報

ブライダル情報

  • 広島ブライダル・スクールブログ
  • 広島ブライダルFacebook
  • 広島ブライダルインスタグラム

マタニティ婚&ダブルハッピー婚

広島ブライダル来店・成約特典